• home
  • ニュース
  • ブラックサンダーは子どもたちの笑顔をつなぐ 一部原料から児童労働撤廃への取り組みをスタート!

ブラックサンダーは子どもたちの笑顔をつなぐ 一部原料から児童労働撤廃への取り組みをスタート!

ブラックサンダーは子どもたちの笑顔をつなぐ

 

 

有楽製菓株式会社(本社:東京都小平市、代表取締役社長 河合辰信)は、経営理念である「夢のある安くておいしいお菓⼦を創造する企業を⽬指します」に基づき世界の子どもたちを笑顔にするために、カカオ産地の一部で学齢期の子どもたちが労働を強いられている現実と向き合い、児童労働撤廃に向けてチョコレート生産に関わる多くの人を巻き込む活動を開始します。

 

 

■取り組み方針・活動内容について(https://www.yurakuseika.co.jp/shfc/

<方針>

有楽製菓は「夢のある安くておいしいお菓⼦を創造する企業を⽬指します」の経営理念のもと、世界の子どもたちを笑顔にするために児童労働撤廃に取り組みます。

<活動内容>

児童労働撤廃を目指し、20202月より自社製品の一部で児童労働撤廃に取り組んでいる原料の使用を開始いたしました。今後、段階的にサプライチェーンから児童労働を撤廃していき、2025年までに自社商品に使用するすべてのカカオ原料について、児童労働撤廃に取り組んでいる原料へ変更することを目標としています。また、この取り組みはカカオ原料だけに留まらず、自社で使用するすべての原料を対象に変更すべく活動してまいります。

しかしながら、児童労働撤廃の目標において有楽製菓ができることには限りがあります。そこで、NGOなどを通して児童労働問題を解決するための活動を支援するとともに、児童労働に関する情報をより多くの方に理解していただけるように積極的に発信をいたします。有楽製菓は数ある課題に真摯に向き合い、世界中の子どもたちが笑顔で生活できる持続可能な社会を目指してできることから1つずつ活動を進めて参ります。

 

 

 

ページトップ